チャンピックス92%の効果とは

チャンピックスは禁煙補助剤の一つで、お医者さんの処方箋が必要な医薬品で、この薬を利用する事で禁煙の達成率が92%になると言われているのです。

最近の病院の中には禁煙外来と言う診療科が設置されている医療施設が在ります。
禁煙外来と言うのは、煙草を止めたい人が医師のアドバイスや協力をして貰い、禁煙を達成させる目的で通院する診療科です。
禁煙外来では、このチャンピックスが処方されて、禁煙のための治療を受ける事になりますが、この薬は12週間服用し続ける事で禁煙の達成率が92%になると言われているのです。

そもそも禁煙が難しい人と言うのはニコチンの依存性が高いと言われています。
ヘビースモーカーと呼ばれる人は、定期的に煙草を吸わないとイライラするなど落ち着かない状態になると言います。
これはニコチンを欲する欲求が高まることで起きるものであり、ニコチン依存度が高い状態になっているのです。

煙草を吸う事で体内にニコチンが入るため、落ち着きを取り戻すことが出来ますが、ニコチン依存度が高い場合などでは、体内に入ったニコチンの効果は薄れてしまい、それがきっかけとなり煙草を吸うようになるのです。

チャンピックスにはニコチンの依存度を引き下げる効果を持っており、12週間と言う時間の中で徐々にニコチン依存度を引き下げ、禁煙を成功させようとする医薬品でもあるのです。

尚、禁煙補助剤と言うのはチャンピックス以外にも幾つかの種類が有りますが、チャンピックスは服用を初めて7日目までは煙草を吸う事が出来ると言う特徴が有ります。
そのため、ニコチン依存度を引き下げる中で生じる依存性が最初の1週間で出たとしても煙草を吸えるという安心感が有ることからも禁煙の成功を果たせる人が多く、その成功率が92%になると言われているのです。

尚、チャンピックスを服用する場合は医師の指示に従う事が重要で、途中で服用を止めてしまうと禁煙に失敗する可能性があると言われているのです。